【ウェルスアンバサダー資格保有】
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

ネット上で噂の「ビットコイン ビットキャッシュ 違い」を検索してみた!

ニュース

ネット上で噂の「ビットコイン ビットキャッシュ 違い」を検索してみた!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

ビットコインとビットキャッシュ、とても似ているネーミングですが、関連性はないようです。


でも、ビットキャッシュの方が先に開発されたようですね。1997年から事業が開始されています。基本は電子マネーと考えてよさそうです。


一方のビットコインは仮想通貨(暗号通貨)であり、電子マネーとは全く違うコンセプトの未来型通貨となっています。日本ではようやく昨年10月に仮想通貨法が国会を通過し、春ごろまたは7月までには施行されると予測されています。

Web上でIDを入力して認証及び決済を行う方式のサーバー型電子マネーである。
1997年6月より事業を開始。2002年に実用化した電子マネーEdyとPaSoRiの組み合わせによるWeb決済とは異なり、カードリーダーなどの機器は要しない。後年には、アスキー系のウェブマネーやKDDIなども同分野に参入している。BitCashとウェブマネーで日本のサーバー型電子マネー市場の大半を占めている。
購入すると「16文字の平仮名(ひらがな)」による固有のIDが、プラスチックカード・紙面(シート)・Web上の何らかの方法で表記されている。そのIDをコンテンツ購入時に入力することで、ビットキャッシュの課金サーバーと認証し、サーバー上で管理されている残高の範囲内で、インターネット上での電子決済を行えるものである。
日本において、クレジットカードやインターネットサービスプロバイダの収納代行とは切り口が異なるコンテンツ決済の先駆けのサービスであり、
事前登録を要さずに煩わしさが無い
利用者の匿名性が高い
前払い式のため使いすぎの心配が無い
安全性が肯定できない共用パソコン(ネットカフェなど)において、決済時に入力したクレジットカード番号やオンラインバンキングの認証番号などが、仕組まれたキーロガーを通じて悪用されるリスクを回避することが出来る。
といった利点がある。
また、当初より2バイト文字がIDであるため、正規のIDを偽造して悪用されるリスクも低いとされている。
他方で、銀行等を介さず決済が行われることにより、詐欺業者が支払い手段として悪用することが容易で、消費者側の被害回復が困難になるというデメリットもある。近年では、迷惑メールを活用した利益誘導詐欺・偽出会い系詐欺の大半がビットキャッシュによる支払い手段を提供しており、実質的に無審査で事業者側にサービスの提供を行っている実態がある。
当初は壁紙やミニゲームなどのデジタルアクセサリー、シェアウェアや音楽配信サイトなどのデジタルコンテンツサイトで使われてきたが、時代の流れによりパソコンゲームソフト、インターネットテレビ、オンラインゲーム、GREE、モバゲーといったソーシャルゲームなどブロードバンドを反映した多岐に亘るコンテンツサイトが加盟店となっている。また、livedoor デパートなど物販のインターネットショッピングや、クーポンサービスのグルーポン・ジャパンなどインターネットサービスでも決済手段として扱える。
マウントゴックスの問題で飛び火をする形で「BitCash」までもが買え控えをするケースがでているが「ビットコイン」とは関連性が無い。

出典 http://ja.wikipedia.org

ビットキャッシュとは?

ビットコインと名前が似ているけれど「似て非なるもの」ですね。


こちらビットキャッシュは法定通貨の裏付けがある電子マネーでの決済となります。歴史はビットコインよりも古いので紛らわしくなりますが、ビットキャッシュ株式会社が運営をしている電子マネーです。


ビットキャッシュチャンネルはビットキャッシュ株式会社が運営するYoutubeのチャンネルです。

ビットコイン概要

これを見れば、あなたも簡単にビットコインを理解できます。


ビットコインは今までになかった、全く新しい「お金」としての概念を持っています。今後、使う人がいなくなれば全くすたれてしまうかもしれませんが、多くの経済学者や投資家は将来性を明るく見通しています。


それはなぜか?下の動画も参考に考えてみてくださいね^^

ビットコインによって変わる将来像

まだまだ日本では浸透していないビットコイン。

それは日本円が世界から信頼され、日本円を通貨として絶対的に認められているからこそ、ビットコインがなくても問題ない社会になっているから。


それは日本であるから、という特別な事情だからこそなんです。
世界を見ればビットコインはもう大きく動き始めています。2020年、東京オリンピックで多くの外国人が日本に来た時、ビットコインの有効性、実用性が試されると思っています。

不安定な通貨の国こそビットコイン

インドの情勢からビットコインが広まるという予測。


首相自らが電子マネーの使用を呼びかけるという状況。これを意味するところは、、、偽造紙幣の取り締まり、汚職等々の規制のため「高額紙幣の廃止」に踏み切ったことによります。


インドではまだまだ現金での決済をする人も多く、そのため、首相が呼びかけをしていると思われます。


このような状況は日本では考えられないとも思いますが、世界に目を向けると現実がわかります。その現実に即して人々は動いていかざるを得ないのです。


「日本はまだまだ安全」果たして本当にそう言い切れるでしょうか?現実として先の大戦後に預金封鎖がなされています。今後、日本のなかでも預金封鎖や高額紙幣の廃止などで、日本円が使えなくなり、紙切れ同然になってしまうこともあるかもわからないのです。


その時に「頼みの綱」になりうるのがビットコインだと私は信じています。
いろいろな仮想通通貨がありますが、まずはビットコインです。


なぜか?

それは
1.ビットコインが仮想通貨の基軸通貨となっていること。
2.ビットコインの発行元がないこと。

この2つの理由からです。
現在の通貨の基軸通貨はドルです。それと同じような役目を仮想通貨で担っているのがビットコインと理解してください。

そしてそのビットコインは発行元がなく、ビットコイン本来がもっているシステムのみにたよって取引が行われ、しかも問題が起こっていません。発行元がないとういうことは完全に公平に取り扱われるということです。

発行元があると、発行元の一存で変わってしまうからです。



なので私は、ビットコインを持っています。将来の保険のために。
ビットコインをもっと勉強すると、いかに便利で、いかに送金に時間がかからないか、そして、手数料も低く抑えられている。


そこに魅力があります。

↑↑↑

是非覗いてみてくださいね。無料でビットコインが手に入る方法がここにあります。

ビットコインとビットキャッシュの違いについての発言集!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸